Windows XP/Office 2003 サポート期限切れへの低コスト対応

2014年4月9日を以って、マイクロソフトは Windsows XPOffice 2003 のサポートを停止します。


この件についてマイクロソフトのサイトに次のように掲載されています。

「サポート終了後は、セキュリティ更新プログラムなどの重要なサービスが提供されなくなります」

これをもう少し説明しますが、

「サポート終了後にセキュリティ上の新たな脅威が Windows XP / Office 2003 に発見されたとしても、その脅威を取り除くプログラムの提供をマイクロソフトは行いません。従って、サポート終了後も Windows XP / Office 2003 の利用を継続した場合、ウィルス感染、情報漏えい、ハッキングの踏み台や遠隔操作に利用される

といった脅威にさらされる事になります。

そのため、Windows XP を現在利用されている方は、サポートが継続されている Windows Vista / 7 / 8 へ更新する必要があります。Office 2003 を利用している方も同様で、Office 2007 / 2010 / 2013 へ更新する必要があります。


なお、この更新を行う対応は「早め」が良いでしょう。

稼動している Windows XP 搭載パソコンは相当数に昇るため、マイクロソフトのサービス終了間際に発生するであろう駆け込み需要も大規模になると想定されます。

…となると、場合によっては品不足で入手困難、需要と供給のバランスが崩れて値上がり、なんて事態が発生する可能性もあります。

その辺りを考慮すると遅くとも年内か年末商戦までに対応を済ませておいた方が無難かと思います。


というわけで、サクッと対応を済ませました。


Windows を新しくする、Office を新しくする…となると、どうしても費用がかかってしまいますが、サポート終了の問題になるべく低コストかつ安心を担保する方向で対処しました。

方法論として、Windows を捨てて Linux で Open Office を利用するという手もあるのですが、私の場合は仕事上やソフトウェア資産継続性の観点から、マイクロソフトの Windows / Office である必要がありました。


以下、同じ境遇の方のご参考になれば幸いです。


まずパソコンの現状構成ですが、以下のとおりになっています。

・Windows Vista のデスクトップパソコン(Core2Duo E6600 2.4GHz / 2GB メモリ / 3TB HDD)
・Windows XP のノートパソコン(CeleronM 1.4GHz / 768 MB メモリ / 80GB HDD)


デスクトップパソコンで使用している Windows Vista のサポート期限は 2017 年なので、こちらについては当面大丈夫ですが、ノートパソコンの Windows XP が喫緊の問題に直面しています。

また、Office については…

・2台共に Office 2003


という状況のため、これはどちらも更新が必要になっています。

ここまでをまとめると、以下の対応が必要になります。

・Windows XP → 更新が必要
・Office 2003 (2本) → 更新が必要



それでは、順に対応を検討していきます。


1. Windows XP パソコンの筐体をそのまま使用して Windows Vista 以上の OS に更新できるか?

費用を抑えるために最初に考えたくなる点ですが、流石に無理でした。

Vista 以降の OS をまともに動かすためにメモリは最低でも 1GB 必要で、できれば 4GB は欲しいところですが、利用中の Windows XP パソコンにそこまで積んでいることはないでしょう。手持ちのノートパソコンではメモリ増設の上限を超えるため、論外です。

さらに、CPU 性能的にも Celeron の Dual-Core クラスが最低でも必要ですが、CeleronM では心もとないですし、ハードディスクの容量が小さすぎます。

というわけで、筐体ごと Windows を更新することにしました。


2. どの OS にするか?

新しい Windows 8 (現在は 8.1 が出ています)はインタフェースがガラリと変わっており、XP に慣れている人には戸惑いが多いでしょうし、アプリケーションが対応しているかや、安定性の観点を考慮すると、選択し難い所です。

となると Vista か 7 になるわけですが、サポート期限が 4年後の 2017 年である Vista は選択肢に入り得ないので、必然的にWindows 7 が最適解になります。


3. Office プレインストール版にするか?

筐体購入時に、Office を予めインストールしたモデルを選択する事ができますが、果たしてそれが正解でしょうか?

最初に書いてしまいますが、答えは「否」です。

条件がありますが、現在利用している Office 2003 のライセンスを無駄にする必要はありません。

Office 2003 はプレインストールされたものなので、予めインストールされているそのパソコンでのみ利用する事ができる、というライセンスになっているのですが、このライセンスは新しい筐体に受け継ぐ事が可能です。

条件とは、

Windows XP 筐体の廃棄 → 7 筐体の購入と同時に、Office 2003 → アップグレード版を購入

という手法になります。

この根拠についてはマイクロソフトのサイトにありますので、確認してください。

引き継ぐためのライセンス情報の確認方法ですが、エクセルの場合を例に説明すると、エクセル上部のメニューで「ヘルプ」→「バージョン情報」と選択すると、「プロダクトID」が表示されます。このプロダクトIDを引き継ぐ形になりますので、筐体破棄の前にメモしておく必要があります。

なお、アップグレード版を購入した場合は、プレインストールを選択した場合と比較して6千円程度費用が抑えられます。


4. Office のバージョンはどれにするか?

最新版は 2013 ですが、このバージョンは Windows 8 のタッチ操作に対応したバージョンになります。

クラウド化にも対応していますが、私は Office を仕事でも利用するため、セキュリティ規定からクラウドは利用できません。

インタフェースがガラリと変わった 2010 は操作生に難があって好みではないのですが、2007 のサポート期限が 2017 年である事を考えると、 2010 を選択せざるを得ない、という所です。


5. 購入する Office の本数は何本か?

2台のパソコンに Office がインストールされていますので、2本の Office アップグレード版の購入が必要でしょうか?

私の場合は 2台のパソコンで Office を利用しますが、「デスクトップパソコン」と「ノートパソコン」の組み合わせなので、特例を適用することができるために1本のライセンスで事足りてしまいます

この根拠はマイクロソフトのサイトに以下のように掲載されています。

パッケージ製品は、1 パッケージで同一ユーザーが使用する 2 台目の持ち運び用 PC にインストールすることができます。


このように Office のライセンス条項をうまく活用することで、プレインストール版1本(2万円位)+アップグレード版1本ではなくアップグレード版1本で済むため、費用を抑える事ができます。


以上で、購入する範囲が次のとおりに決定しました。

1. Windows 7 搭載パソコンを購入
2. Office 2010 アップグレード版を 1本購入



では、実際の物選びに入ります。

安く済ませたいという方は以下の中から検討しても良いと思いますが、見合った物を探し出すのはかなり骨が折れる事でしょう。

中古(デスクトップパソコン)
中古(ノートパソコン)


思わぬ掘り出し物が見つかることもあるのですが、中古から探すのは非常に労力がかかるため、自分は新品を探すことにしました。


1. Windows 7 搭載パソコンを購入

Windows 7 を動かすとなると…

 ・CPU Corei3
 ・メモリ 4GB
 ・ハードディスク 500GB

は欲しい所です。

ノートパソコンの用途はインターネットと表計算がメインであり、CPU 負荷が非常に高い 3D ゲームなどは行わないので、上記で必要十分になります。

安さの観点から考えると Lenovo が真っ先に上がりますが、インターネットに接続する環境での使用に(個人的に)不安感があり、Dell や HP はその次に安いですがデザインが法人向け感バリバリでイマイチ、Vaio や Let's Note といった日本メーカー製はデザインが良くて信頼度が高いですが値段もその分お高め。

値段が安くてデザインが良くて保証がきちんとしていて日本製…そんなのあるか?と思っていたのですが、見つけてしまいました。

それがこちらです。

レサンセは日本の製造業の品質管理能力、熟練したスキルを重視して国内の工場で高い品質管理のもとで創られております。※一部パーツおよびパソコンは海外での生産を行っております。




3年保証つきにすることもできます。



デスクトップならこれかな。



更に…

レサンセはメーカーPCのように、お客様が使うかわからないソフトはいれません。代わりにリーズナブルで抜群のパフォーマンスをお届けします。


一般にメーカー製パソコンにはバンドルされているが使用しない不要アプリケーションが沢山入っており、それが動作を重くする原因になっている事がよくあります。

実際に購入して届いた品を確認したところ、バンドルがゼロではなかった(キングソフトオフィスやノートンの体験版インストーラーなど、数本あり)ですが、アプリケーションを削除して良いかどうか判断がつきにくい物はないと思いました。

余談ですが、インターネット非接続環境でのみ利用するという知人のために Lenovo のパソコンを購入して渡したのですが、バンドルがあまりにも多くて閉口しました。この製品を先に見つけていたら…と思うと残念至極。


2. Office 2010 アップグレード版を 1本購入

物が決定しているので購入店舗を選択するのみとなりますが、異常なまでに格安な品を販売している店舗には一抹の不安がありますので、正規品を確実に販売している店舗を選択しました。

秋葉原で良く知られているお店でして、実店舗でも何回か購入した事があります。




筐体ならびにソフトウェアの両方共、注文したその日に発送してくれましたので、早々に新ノートへのデータ移行を済ませることができ、2014年4月10日以降も安心してパソコンを利用できるようになりました。

これで、マイクロソフトのサポート終了間際に世間が騒動となっていても無関係です。

ゆとりを持って対応するのってステキですね。


これにて一件落着。


ちなみに、新ノートに標準装備のHDMI端子を利用してテレビに接続し、YouTubeやd-videoなどの動画を大画面で再生できるようになったので非常に快適です。

また、無線LANを装備しているので、スマフォのテザリング機能を利用してどこでも大画面インターネット!

非常に便利になりました♪

テーマ : おすすめ商品
ジャンル : ライフ

おすすめ
訪問者数
プロフィール

しんく

Author:しんく
しんくの日常の雑記帳です。何気ない事から、技術的な事まで幅広く書いていきます。

カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
10827位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3725位
アクセスランキングを見る>>
SEO ランキング
日常
グルメ
DIY
DTM