腕時計(IRON MAN)の電池交換を自分でやってみる

数年前、某会社での勤務を終えて去る日に、一人の社員さんから「お世話になった」との理由で時計を頂きました。

あ、男性から頂きましたが、変な意味は無かったと思いますよ!(たぶん)

ところが、この時計は裏蓋にステンレスを使用しており、ご好意で頂戴したにも関わらず自分は金属アレルギー持ちのために時計を着用する事ができず、長い間箱に入れたままでした。

そのまま幾日も過ぎ、いつの間にか電池が切れ…気が付けば、戴いてから7年が経とうとしていました。


長いこと机の引き出しに眠っていましたが、4月から甥っ子が中学生になる歳だったはずで、デザイン的にも甥っ子が学校で使えば人気者になれる気がする!


そこで、自分で電池交換にトライしてみる事にしました。


まずは電池の型番を説明書で調べ、近所で100円にて購入。

時計屋さんに電池交換を頼むと大体1,000円ですからねぇ、この差は大きい。

作業に入ります。

最初に、裏蓋の押さえにもなっているリストバンドを外します。

留めている部分はバネになっているので、隙間に精密ドライバーのマイナスを突っ込み、バンド側に金具を押し込むと外れます。

DSCF1807s.jpg

頭と手足を引っ込めた亀みたいw

DSCF1806s.jpg

裏蓋を外します。

なんか書いてある…。

「AFTER BUTTERY INSERTION- SHORT AC PAD AND BATTERY (+) TO RESET」

ふーん、そうなんだ。

DSCF1805s.jpg

電池アッシー(と呼んでいいのやら)を留めているネジを外し、切れた電池を外し、新しい電池をセットします。

DSCF1804s.jpg

表示部はどうなっているかと言うと…

DSCF1810s.jpg

この状態で何も受付ないので、先の指示に従って赤丸部分をショートさせてリセットします。

DSCF1804-2s.jpg

こんな感じで。

DSCF1812s.jpg

すると、表示部が正常に動作を開始します。

DSCF1813s.jpg

あとは、組み立て直して日時をセットするだけ。

DSCF1809s.jpg


ところが、姉貴から「中学生になるのは来年」とメールを受け取ったので、電池を外す作業をしました(爆)

来年まで、また眠っててもらいます。

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

おすすめ
訪問者数
プロフィール

しんく

Author:しんく
しんくの日常の雑記帳です。何気ない事から、技術的な事まで幅広く書いていきます。

カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1235位
アクセスランキングを見る>>
SEO ランキング
日常
グルメ
DIY
DTM