Win10 アプデにスマホなど MTP 機器接続できなくなる不具合あり

mixi 日記にも書いたのですが、こっちにも上げておきます。


スマホのアプデを行ったタイミングでPCと接続できなくなる問題が発生したので、スマホのソフトウェア更新が原因と思いきや、Win10 のアップデートが原因でした。

悪さしたのはコイツ。

Microsoft - WPD - 2/22/2016 12:00:00 AM - 5.2.5326.4762
Microsoft WPD driver update released in February 2016

…2016年2月22日って、なんですか??

Google 先生で検索したら、対応方法が書かれたページを発見。

英語ですが、書かれている内容通りに対応したら、スマホを PC が認識するように直りました。

https://answers.microsoft.com/en-us/windows/forum/windows_10-update/windows-update-error/4ab68564-ca24-4a28-b51c-07c89e506985

やれやれ。。

テーマ : Windows
ジャンル : コンピュータ

docomo SO-01J Xperia XZ を Android 7.0 Nougat へバージョンアップしてみた

タイトル通りですが、docomo 版 Xperia XZ SO-01J で Android 7.0 Nougat の提供が始まったので、早速アップデートしてみました。

20170113.jpg

セキュリティパッチは流石にアップデートされていませんでしたが、次の更新も頑張って欲しいものです。

さて、7.0 へのアップデート後に一番変化を感じたのは、「ダブルタップで起動」の不具合が解消された点です。

アップデート前は何度タップしても起動してくれない事が多々あり、釣りで利用している 透明なポーチ に Xperia XZ を入れて使っている際に起動できず不便な思いをしていたので、グローバル版がアップデートで解消したという報告を見て、docomo 版のアップデートを心待ちにしていました。解消されているのを体感でき、非常に助かります。

Nougat の目玉であるアプリのマルチ表示は、Xperia XZ の 5.2 インチディスプレイには狭い感じがするのと、操作には新しい作法があるので慣れが必要ですね。

Screenshot_20170115-182555_R.jpg

不具合?と思ったのが、Google マップをマルチ表示で上部に配置した後、ホーム画面を表示した時の通知領域で、マップの表示が重なったままです。見返してみると、上の画像でもそうなってます。

Screenshot_20170115-183859_R.jpg

これは仕様・・・なのか?まぁ、大した問題ではないのでヨシとしましょう。

Nougat の新しい機能を楽しんでみようと思います!

テーマ : XPERIA
ジャンル : 携帯電話・PHS

Vista DIMENSION 9200 とお別れして Win10 + GeForce GTX 750Ti の DELL XPS8910 へ

2009年に購入した Vista マシンが、今年の夏頃から Windows Update に丸一日以上費やすという状態に陥り、仕事に支障を来すようになっていました。

そもそも Vista のサポート期限が迫ってきている事だし、新しいパソコンに乗り換えて快適な環境へと早目に移行してしまおうと考え、Win10 64bit のデスクトップを12月3日に注文しました。

ま、前と同じく DELL ですが。

注文から届くまで丁度2週間後の17日に届いたのですが、PC スペースには Vista マシンがまだ鎮座したままなので、いったん足元に設置し、デュアルディスプレイの RGB 側端子へ DVI-I から変換をかまして接続、初期起動してちょいちょいと設定を行った後、Vista と LAN を組んでデータのお引越し。

それと並行して、各種アプリケーションのインストールやら設定やら。

随分と昔に購入した DAW ソフトである SONAR 6 (当時9万円位した)を Win10 64bit に 32bit 版としてインストール(プラグインが 64bit 版は少ない)してみたら正常に動く事を確認。余計な出費を避けたかったので、非常に助かりました。

Vista からデータの引っ越しが終わったのを確認した後、Vista を解体。

DSC_0015_R.jpg

Vista で組んでいた RAID 1 のセカンダリHDD を Win10 へと移植。

DSC_0017_R.jpg

この辺りの作業は毎度おなじみ。

Vista マシンは Linux 化&Oracle マシン化するつもりだったのですが、よく見るとコンデンサが既に液漏れした形跡あり。まだ生きている間に予防交換しておくかなぁ。(しかし、電源を落とした時点で死亡していた事が後ほど判明する)

DSC_0016_R.jpg

セカンダリHDD を組み込んだ Win 10 を起動…あれ? BIOS の設定画面では RAID の設定を何もできない?と首をかしげる。

アプリケーションで設定するのかな?と思いつつ、Windows を起動し、インテル・ラピッド・ストレージ・テクノロジーを起動してみると、その様子。組み込んだセカンダリHDD が、前の Vista の RAID 1 の Array のままになっている事に気付いたので設定を削除し、改めて Win 10 上 RAID 1 の Volume を作成。1 TB の HDD なので、初期ミラーリングに約10時間ほどかかります。


ところで、使い勝手を酷評されていた光学ドライブの向きが縦から水平に変わったんだなー、と感心していたのですが、使い始めて早々に大問題が発生しました。

Office や SONAR 6 などの光学メディアは問題なく認識してインストールできたのですが、某釣り雑誌付録の DVD を光学ドライブにセットしたところ、回転と共にシャリシャリと嫌な音を立てるだけでなく回転速度が一定せず、挙句の果てに「このメディアは空です」と表示されてしまいました。

嫌な予感がしつつ取り出して裏面を見ると回転方向に沿った傷が幾つも付いており、他のドライブでも認識できなくなっていました…。

DSC_0020_R.jpg

メディアそのものの出来の良し悪しが影響したのだと思いますが、かなり怖い。正直に言うと、純正の内蔵光学ドライブを使いたくなりました。薄型で特殊な形状なドライブなのも一因だと思うので、クレームを付けてパーツ交換しても良い結果にならないだろうなぁ…。

光学ドライブはさておき、XPS8910 は非常に静音、コンパクトかつ軽量で、Vista で使っていた DIMENSION 9200 と比較すると断然静かで、二回りほど小さく、体感で4割ほど軽い気がします。DIMENSION 9200 が重すぎるって話もありますが。

さて、その Vista だった DIMENSION 9200 ですが、セカンダリ HDD を引っこ抜いた後で電源を投入したところ、HDD が回転を始めた後にハードウェア故障を意味する組み合わせでランプが点灯したまま、うんともすんとも言わなくなりました。

HDD を抜いた影響なのか?と疑って元に戻してもダメ。

どうやら電源を完全に落としたのがきっかけで逝ってしまったようです…。

…いっそ、コンデンサを交換してみようかとも思ったのですが、それだけで治るかも分からないし、面倒になってきたのでヤメ。

他の PC へ流用できるパーツを外して、本体はリサイクルへ出すことにしました。

DSC_0018_R.jpg

そこで思いついたのですが、XPS 8910 光学ドライブの対処策として、Vista マシンに使っていた内蔵光学ドライブを USB 接続するケーブル(↓これ)を使って運用する事にしました。



DSC_0019_R.jpg

かなりカッコ悪いですがw

これならば、もっと拡張性があるタワーの方が良かったかも。

拡張性という点について言うと、選択したグラボの性能が、自分には十分すぎるパワーです。

デュアルディスプレイ環境を構築していますが、ワイドディスプレイでオンデマンド映画を見つつ、もう片方のディスプレイで仕事やネットサーフィンをしていても非常に快適。

3D ゲームとかしないしなぁ…正直、パワーを完全に持て余していると思います。


リサイクルの話に戻すと、XPS 8910 付属のキーボードが薄っぺらくてストロークがなく、タッチ感覚が非常に悪いので、DIMENSION 9200 のキーボードをそのまま利用しています。XPS 8910 標準のキーボードは、捨ててしまいたい位最悪ですわw (全然関係ないですが、SHARP X68000 のキーボードは最高でした)

DIMENSION 9200 は 2007年6月に稼働を開始したマシンだったので 9年6か月の間、良く頑張って仕事してくれました。思い返せば、coLinux を突っ込んだら動かなくなって泡を食った事や、HDD が1年で2回クラッシュしたという事もあった…(それをきっかけに RAID 1 を組むようになった)

XPS 8910 も仕事に頑張って付き合ってくれる事を願っております!

テーマ : パソコン
ジャンル : コンピュータ

XPERIA XZ への機種変更後アレコレ

スマホを docomo の XEPRIA XZ に機種変更して2週間ほど経過したので、購入後に行った事のアレコレを書いてみます。

自分は、趣味の釣りで取った獲物の写真をスマホで撮影するのですが、この XPERIA XZ は真っ暗闇でも綺麗に写真が取れるのが良いですね。

さて、購入後に行った最初の仕事は本体の保護です。

自分は本体のメタルっぽさを重視し、ELECOM で前背面を覆う事にしました。

DSC_0152s.jpg

透明なケースが本体のカラーを魅せてくれます。このケースは結構軽いのですが硬度が 3H あるためか、今の所まったく傷が付いていません。ケースその物が薄いので、本体サイズからの変化を感じないのも良いですね。

DSCF2139s.jpg

前面は超硬度 9H で光沢がある GLASS かつ前面パネルの 3D 形状にピッタリと合うように設計されており、背面カバーとも干渉せずにピッタリとしています。

DSCF2138s.jpg

その前面フィルムの貼り付けは非常に簡単で、まったく気泡が入らずにできました。スマホ本体に貼りついていた前面保護フィルムをはがして直ぐに ELECOM の保護フィルムを貼り付けた事もあり、ホコリもゼロです。

DSCF2136s.jpg

ちなみに、同じ日に嫁が XPERIA X Compact へ機種変更し、自分とまったく同じ ELECOM の組み合わせで保護しましたが、こちらも簡単に綺麗な出来栄えになっています。

さて、この XPERIA XZ / X Compact は共に充電・通信用の端子が USB-C になっています。

DSCF2137s.jpg

今までのスマホは micro-B 端子だったので、充電器を流用できません。

そこで変換コネクタを導入することにしましたが、XPERIA XZ で Quick Charge 3.0 機能を利用しないのは非常に勿体ないので、自宅では純正品のアダプター06を使用し、変換コネクタを車載、モバイルバッテリー、非常時用として使うようにしました。

まずはモバイルバッテリーでの動作を確認してみます。

DSCF1477s.jpg

問題なく充電できました。これならば車載ナビからの充電も問題ないでしょう。

DSCF1476s_201611261818338ee.jpg

非常時用のソーラー充電型ランタンからも問題なく充電できました。

DSCF1480s.jpg

このソーラーランタンは東日本大震災を切っ掛けで購入した物で、ソーラーパネルで充電する LED ライトだけでなく、天辺に方位磁石、多様な携帯・スマホを充電できるようにアダプターが付属しており、上記の写真では付属の micro-B アダプターから変換して接続しています。

現在販売しているモデルだとライトニングアダプターも付属しているみたいです。




↓ 使用しているモバイルバッテリーです。





↓ メール便100円でした。


テーマ : スマートフォン
ジャンル : 携帯電話・PHS

壊れたコンポのスピーカーを流用するためのアンプ

長年利用していたミニコンポ(KENWOOD製)が壊れてしまい、電源が入らなくなりました。

分解して調べたところ、電解コンデンサの容量抜けが原因と思って交換したものの起動しなかったのですが、電源と電源基板だけを接続した状態ならば起動するので、他の基板と接続しながら調べていくと、液晶表示基板上に問題があるらしいと判明。

しかし、この基板だけ部品密度が高い上、物理的に部品が多層配置になっている(液晶パネルの下に薄型コンデンサが配置されている、といったカオス状態)ので手を出せず、自力修理を諦め。メーカーに修理を依頼する事も考えたのですが、20年前のオーディオなので補修部品も無いでしょう。

そもそも、ミニコンポはパソコンの音声再生でしか利用しておらず、CD/MDデッキやカセット、チューナーなどを一切使っていなかったので、ライン入力をスピーカーに出力するためのアンプさえあれば良かったりするわけなので、スピーカーを流用するためのアンプを探すことを検討。

で、調べたところ、幾つかの製品を発見。

メジャー所ではFOSTEXのアンプ。出力は 15W+15W、適合スピーカーインピーダンスは4Ω~8Ω。S/N比85dB以上。



更に調べると、激安な中華アンプが有ることが分かりました。出力は 20W+20W、適合スピーカーインピーダンスは4Ω~8Ω。S/N比80dB以上。レビューを読むと、値段の割りに音質は良いようです。

【送料無料】Lepy LP-2024A+ Tripath TA2024

【送料無料】Lepy LP-2024A+ Tripath TA2024
価格:3,849円(税込、送料込)



手持ちのスピーカーは片側80Wのインピーダンス6Ωで、仕様的にはどちらでも合うのですが、物は試しで中華アンプを取り寄せてみました。

DSCF1438s.jpg

DSCF1439s.jpg

アンプとスピーカーを繋ぎ、パソコンから出力。

DSCF1441s.jpg

DSCF1440s.jpg

スピーカーから流れ出る音を聞いて…

…ゲッ!!Σ( ̄□ ̄;)

非常にパワフルでクリアな音質にビックリ!

高音も低音もしっかりと出ており、元々のミニコンポのアンプよりも音が良い!

特にSN比については80dB以上と書かれているのですが、88dBのミニコンポアンプよりも明らかにノイズが少ない。

値段相応かと思いきや、想像を絶する性能の高さに驚愕しました(^^;


…シンセサイザーのモニターアンプとして使っても全く問題ないレベルなので、久しぶりにオーディオ周りに手を入れる気がウズウズと湧き出してきました(笑)

テーマ : 電化製品
ジャンル : ライフ

ミミマモ スーパーストレッチヘッドフォンカバーを付けてみた

仕事で作曲をしていた頃から彼是15年以上長年愛用している SONY のヘッドフォン MDR-Z900HD、経年劣化で合皮のイヤーパッド部分がボロボロになるので、何年か毎にイヤーパッドを取り寄せて新調しているのですが、そろそろ在庫切れになりそうな雰囲気。

DSCF1431s.jpg

合皮がボロボロになる理由は皮脂が原因なので、使用する毎にベンジンとかを使って脱脂すれば良いのですが、そこまで手入れに手間をかける気もせず、なんぞ、手軽な方法がない物かと思案していた所、ヘッドフォンカバーなる物を見つけました。



ふむふむ、抗菌仕様で洗濯も可能か。

スーパーストレッチなので耳当りが良さそうだ。

早速、新品のイヤーパッドを取り寄せるのと同時にカバーも取り寄せました。

DSCF1432s.jpg

まずは新品のイヤーパッドを装着。

DSCF1433s.jpg

お次はヘッドフォンカバー。装着は簡単です。

DSCF1434s.jpg

こんな風に入ってました。

DSCF1435s.jpg

数秒で装着完了。

DSCF1436s.jpg

なんと言っても、洗濯できるのが良いですよねぇ。

DSCF1437s.jpg

耳に当てた際の装着感は非常に良好で肌さわりがとても心地良いです。また、音質への影響も感じられないのが良いですね。

これでイヤーパッドを保護できるので、もうしばらく活躍してもらえそうです。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

IO DATA 液晶ディスプレイ LCD-AD194VB を自力で修理した…その故障原因は…

いつ購入したのかも覚えていない IO DATA の LCD-AD194VB が、ある日から動作が不調になり、こんな症状になりました。

たまに電源が突然 OFF になるだけでなく、電源ボタンで電源の ON/OFF 操作が不可な状態で、なぜか「MENU / + / INPUT/AUTO」ボタンで電源の ON/OFF 操作が可能(本来のボタンとして機能しない)、という意味不明な状態です。

ちなみに、当該機種はリコールがありましたが、対象のシリアル番号ではありません。

ネットで調べてみたら同じ症状に出くわした人がいて、コンデンサを交換したけれども解消しなかったと書いてありました。コンデンサ交換で直らないのだとすると厄介。スイッチそのものの不具合ならまだしも、他の部品まで逝っているのかもしれない。

直せるのならば直して使いたいところなので、メーカーに修理の見積もりを依頼してみたところ、こんな返答でした。

==========
 お伺いをいたしまた症状につきまして、恐れ入りますが、現在の状況から、製品が故障している可能性が高い状態です。修理センターで製品の検査をさせていただくことも可能でございますが、既に保証期間外となっているため、修理センターでの検査にて製品故障が確認された場合、有料修理となります。ただ、本製品に関しましては、既に部材のご用意ができないことより、後継機種との有償交換をご案内させていただくこととなります。修理代金、修理期間を考慮致しますと、修理センターにお送りいただくよりも、新しい製品をお買い求めいただきました方がご負担が少ないのではないかと思われます。
 もしよろしければ、後継製品の新しい製品を特別価格でご提供させていただくことも可能でございますため、一度ご検討いただければ幸いにございます。
==========

あれ、そうなの?

じゃぁ、価格.com では LCD-MF244XB が \19,800 なんだけど、優待価格だとどんなもんなの?

==========
ご優待価格  21,669円
お支払いは、代引きでの現金払いのみで、別途必ず代引き手数料の324円が必要です。
==========

…って、メーカー直販の方が高いじゃんw

いいさ、オーディオ修理用にコンデンサを買いに行く予定があるので、ついでに LCD-AD194VB もバラして中身チェックして自力で(できるもんなら)直してやらぁ!( ̄^ ̄)ノ

と、分解を開始。

一番面倒な作業は裏蓋を外す所で、マイナスドライバを駆使しながら一周グルリとツメを外すと分離する事ができますが、本当にこれが一番大変…。

DSCF1383s.jpg

スイッチ基板が見えます。

DSCF1384s.jpg

もっと分解していき、ここまでバラします。

DSCF1387s.jpg

DSC-0007.jpg

スイッチ基板だけの状態で、テスターを使って導通やボタンをチェックしてみたけれども異常はありません。

DSCF1388s.jpg

スイッチ基板と、その先の基板(RGB / DVI 入力制御基板)とをケーブルで繋いだ状態でスイッチ押下時の導通をチェックしてみると、本来ならば POWER スイッチ押下時に導通すべきポイントが導通せず、他のスイッチを押下すると導通するので、スイッチ基板ではなく、その先の基板に問題がある事は明確なので、スイッチ基板と繋がっている基板のコンデンサをチェックしてみますが異常は見当たらないですし、多層基板なので回路を追えずにお手上げ状態。

…待てよ、ひょっとすると…

これとか、

DSCF1384ss.jpg

これとか。

DSCF1387ss.jpg

ガス化したフラックス(松脂)がアチラコチラに白く付着しているように見えます。指で擦った位では全く取れない程にこびり付いているのですが、これって確実に問題でしょ…。しかも、良く見ると表側のトランジスタ足周りにフラックスが大量に付いています。

そこで、フラックスそのものとガス化固着物を爪楊枝で丁寧に擦って基板から浮かせたら、久しぶりに電子パーツクリーナーの出番です。

DSCF1389s.jpg

ブシュブシュと裏表両面を洗い流し、しばし乾燥。

組み立てて動作確認。

……直った!!

自力で直せたので、新しい製品を買わされずに済みましたw

テーマ : トラブル
ジャンル : コンピュータ

Windows XP/Office 2003 サポート期限切れへの低コスト対応

2014年4月9日を以って、マイクロソフトは Windsows XPOffice 2003 のサポートを停止します。


この件についてマイクロソフトのサイトに次のように掲載されています。

「サポート終了後は、セキュリティ更新プログラムなどの重要なサービスが提供されなくなります」

これをもう少し説明しますが、

「サポート終了後にセキュリティ上の新たな脅威が Windows XP / Office 2003 に発見されたとしても、その脅威を取り除くプログラムの提供をマイクロソフトは行いません。従って、サポート終了後も Windows XP / Office 2003 の利用を継続した場合、ウィルス感染、情報漏えい、ハッキングの踏み台や遠隔操作に利用される

といった脅威にさらされる事になります。

そのため、Windows XP を現在利用されている方は、サポートが継続されている Windows Vista / 7 / 8 へ更新する必要があります。Office 2003 を利用している方も同様で、Office 2007 / 2010 / 2013 へ更新する必要があります。


なお、この更新を行う対応は「早め」が良いでしょう。

稼動している Windows XP 搭載パソコンは相当数に昇るため、マイクロソフトのサービス終了間際に発生するであろう駆け込み需要も大規模になると想定されます。

…となると、場合によっては品不足で入手困難、需要と供給のバランスが崩れて値上がり、なんて事態が発生する可能性もあります。

その辺りを考慮すると遅くとも年内か年末商戦までに対応を済ませておいた方が無難かと思います。


というわけで、サクッと対応を済ませました。


Windows を新しくする、Office を新しくする…となると、どうしても費用がかかってしまいますが、サポート終了の問題になるべく低コストかつ安心を担保する方向で対処しました。

方法論として、Windows を捨てて Linux で Open Office を利用するという手もあるのですが、私の場合は仕事上やソフトウェア資産継続性の観点から、マイクロソフトの Windows / Office である必要がありました。


以下、同じ境遇の方のご参考になれば幸いです。


まずパソコンの現状構成ですが、以下のとおりになっています。

・Windows Vista のデスクトップパソコン(Core2Duo E6600 2.4GHz / 2GB メモリ / 3TB HDD)
・Windows XP のノートパソコン(CeleronM 1.4GHz / 768 MB メモリ / 80GB HDD)


デスクトップパソコンで使用している Windows Vista のサポート期限は 2017 年なので、こちらについては当面大丈夫ですが、ノートパソコンの Windows XP が喫緊の問題に直面しています。

また、Office については…

・2台共に Office 2003


という状況のため、これはどちらも更新が必要になっています。

ここまでをまとめると、以下の対応が必要になります。

・Windows XP → 更新が必要
・Office 2003 (2本) → 更新が必要



それでは、順に対応を検討していきます。


1. Windows XP パソコンの筐体をそのまま使用して Windows Vista 以上の OS に更新できるか?

費用を抑えるために最初に考えたくなる点ですが、流石に無理でした。

Vista 以降の OS をまともに動かすためにメモリは最低でも 1GB 必要で、できれば 4GB は欲しいところですが、利用中の Windows XP パソコンにそこまで積んでいることはないでしょう。手持ちのノートパソコンではメモリ増設の上限を超えるため、論外です。

さらに、CPU 性能的にも Celeron の Dual-Core クラスが最低でも必要ですが、CeleronM では心もとないですし、ハードディスクの容量が小さすぎます。

というわけで、筐体ごと Windows を更新することにしました。


2. どの OS にするか?

新しい Windows 8 (現在は 8.1 が出ています)はインタフェースがガラリと変わっており、XP に慣れている人には戸惑いが多いでしょうし、アプリケーションが対応しているかや、安定性の観点を考慮すると、選択し難い所です。

となると Vista か 7 になるわけですが、サポート期限が 4年後の 2017 年である Vista は選択肢に入り得ないので、必然的にWindows 7 が最適解になります。


3. Office プレインストール版にするか?

筐体購入時に、Office を予めインストールしたモデルを選択する事ができますが、果たしてそれが正解でしょうか?

最初に書いてしまいますが、答えは「否」です。

条件がありますが、現在利用している Office 2003 のライセンスを無駄にする必要はありません。

Office 2003 はプレインストールされたものなので、予めインストールされているそのパソコンでのみ利用する事ができる、というライセンスになっているのですが、このライセンスは新しい筐体に受け継ぐ事が可能です。

条件とは、

Windows XP 筐体の廃棄 → 7 筐体の購入と同時に、Office 2003 → アップグレード版を購入

という手法になります。

この根拠についてはマイクロソフトのサイトにありますので、確認してください。

引き継ぐためのライセンス情報の確認方法ですが、エクセルの場合を例に説明すると、エクセル上部のメニューで「ヘルプ」→「バージョン情報」と選択すると、「プロダクトID」が表示されます。このプロダクトIDを引き継ぐ形になりますので、筐体破棄の前にメモしておく必要があります。

なお、アップグレード版を購入した場合は、プレインストールを選択した場合と比較して6千円程度費用が抑えられます。


4. Office のバージョンはどれにするか?

最新版は 2013 ですが、このバージョンは Windows 8 のタッチ操作に対応したバージョンになります。

クラウド化にも対応していますが、私は Office を仕事でも利用するため、セキュリティ規定からクラウドは利用できません。

インタフェースがガラリと変わった 2010 は操作生に難があって好みではないのですが、2007 のサポート期限が 2017 年である事を考えると、 2010 を選択せざるを得ない、という所です。


5. 購入する Office の本数は何本か?

2台のパソコンに Office がインストールされていますので、2本の Office アップグレード版の購入が必要でしょうか?

私の場合は 2台のパソコンで Office を利用しますが、「デスクトップパソコン」と「ノートパソコン」の組み合わせなので、特例を適用することができるために1本のライセンスで事足りてしまいます

この根拠はマイクロソフトのサイトに以下のように掲載されています。

パッケージ製品は、1 パッケージで同一ユーザーが使用する 2 台目の持ち運び用 PC にインストールすることができます。


このように Office のライセンス条項をうまく活用することで、プレインストール版1本(2万円位)+アップグレード版1本ではなくアップグレード版1本で済むため、費用を抑える事ができます。


以上で、購入する範囲が次のとおりに決定しました。

1. Windows 7 搭載パソコンを購入
2. Office 2010 アップグレード版を 1本購入



では、実際の物選びに入ります。

安く済ませたいという方は以下の中から検討しても良いと思いますが、見合った物を探し出すのはかなり骨が折れる事でしょう。

中古(デスクトップパソコン)
中古(ノートパソコン)


思わぬ掘り出し物が見つかることもあるのですが、中古から探すのは非常に労力がかかるため、自分は新品を探すことにしました。


1. Windows 7 搭載パソコンを購入

Windows 7 を動かすとなると…

 ・CPU Corei3
 ・メモリ 4GB
 ・ハードディスク 500GB

は欲しい所です。

ノートパソコンの用途はインターネットと表計算がメインであり、CPU 負荷が非常に高い 3D ゲームなどは行わないので、上記で必要十分になります。

安さの観点から考えると Lenovo が真っ先に上がりますが、インターネットに接続する環境での使用に(個人的に)不安感があり、Dell や HP はその次に安いですがデザインが法人向け感バリバリでイマイチ、Vaio や Let's Note といった日本メーカー製はデザインが良くて信頼度が高いですが値段もその分お高め。

値段が安くてデザインが良くて保証がきちんとしていて日本製…そんなのあるか?と思っていたのですが、見つけてしまいました。

それがこちらです。

レサンセは日本の製造業の品質管理能力、熟練したスキルを重視して国内の工場で高い品質管理のもとで創られております。※一部パーツおよびパソコンは海外での生産を行っております。




3年保証つきにすることもできます。



デスクトップならこれかな。



更に…

レサンセはメーカーPCのように、お客様が使うかわからないソフトはいれません。代わりにリーズナブルで抜群のパフォーマンスをお届けします。


一般にメーカー製パソコンにはバンドルされているが使用しない不要アプリケーションが沢山入っており、それが動作を重くする原因になっている事がよくあります。

実際に購入して届いた品を確認したところ、バンドルがゼロではなかった(キングソフトオフィスやノートンの体験版インストーラーなど、数本あり)ですが、アプリケーションを削除して良いかどうか判断がつきにくい物はないと思いました。

余談ですが、インターネット非接続環境でのみ利用するという知人のために Lenovo のパソコンを購入して渡したのですが、バンドルがあまりにも多くて閉口しました。この製品を先に見つけていたら…と思うと残念至極。


2. Office 2010 アップグレード版を 1本購入

物が決定しているので購入店舗を選択するのみとなりますが、異常なまでに格安な品を販売している店舗には一抹の不安がありますので、正規品を確実に販売している店舗を選択しました。

秋葉原で良く知られているお店でして、実店舗でも何回か購入した事があります。




筐体ならびにソフトウェアの両方共、注文したその日に発送してくれましたので、早々に新ノートへのデータ移行を済ませることができ、2014年4月10日以降も安心してパソコンを利用できるようになりました。

これで、マイクロソフトのサポート終了間際に世間が騒動となっていても無関係です。

ゆとりを持って対応するのってステキですね。


これにて一件落着。


ちなみに、新ノートに標準装備のHDMI端子を利用してテレビに接続し、YouTubeやd-videoなどの動画を大画面で再生できるようになったので非常に快適です。

また、無線LANを装備しているので、スマフォのテザリング機能を利用してどこでも大画面インターネット!

非常に便利になりました♪

テーマ : おすすめ商品
ジャンル : ライフ

格安互換性インクのワナ

街角で郵便局員やアルバイトが年賀状の売り出しを知らせる声を聞くようになりました。

年賀状の用意を始めるシーズンの到来ですね。


さて、年賀状の作成を業者に任せるか自分で行うかですが、自分は後者の方で、小さい頃から自分でデザインした年賀状を出し続けるポリシーを貫いています。


昔は「プリントごっこ」という版画機器を使用して凝った多重刷りなども行っていましたが、今はパソコンでデザインしてプリントしています。


印刷に使用するプリンタが年間で最も活躍するのが、この年賀状を印刷する期間なのですが、

先日重大なトラブルが発生しました。


書類のコピーをプリンタで取った際、インク切れになっていないのに色が変に出力されているので不可思議に思った所、エラー音と共にプリンタにエラーが表示されました。


マニュアルにも載っていないエラー内容なので確認してみたところ、現物確認しないと分からないエラーであるとの事でしたが、ヘッドに異常を来たしている場合に出るのだとか。


ここでふと思い出した事があります。


トラブルが発生する数日前にプリンタのインクを交換しました。

この時に入れたインクはメーカー純正インクではなく、格安の互換性インクでした。


この時点では、トラブルと格安互換性インクとの因果関係を証明する物はありませんでしたが、格安のワナに嵌った気がしました…。


プリントヘッドの交換には12,000円位かかる上に、メーカー往復送料、純正インクの購入を考えると…

新品のプリンタを購入できる金額になってしまいます。


仮に修理して使い続けるとしても、既に製造中止になっているプリンタなので、来年以降にトラブルが発生しても修理不可能となる事が決まっているとの事。


となると、新品を購入した方がコスト的にも継続性の面でも分があるため、新品を購入しました。


純正と格安インクの数百円の値段の違いをケチった結果、1万円以上の投資が必要になってしまったわけです♪


トラブルが発生したプリンタ、Canon の PIXUS MP610 です。

DSCF2028_s.jpg


新しいプリンタは仕様的に MP610 の後継機にあたる、Canon の PIXUS MG6230 になります。

最新の MG6330 を選択しなかったのは、印刷コスト低下に見合わぬ価格差であり、なぜかスキャナ機能が低下しているためです。

MG6230 は MG6330 のデビューに伴って型落ちとなる機種なので、市場での最安値と遜色ない価格で入手。

DSCF2030_s.jpg


入れ替え設置完了。

DSCF2033_s.jpg


旧プリンタのプリントヘッドを外して確認した所、不自然にインクが流れた形跡がありました。

DSCF2032_s.jpg


この状況から、格安互換性インクが悪さをしてトラブルになったと見て間違い無さそうです。

恐らくですが、メーカーに修理に出しても同じ判定になった事でしょう。


プリンタと格安互換性インクにも相性があるのかもしれないですが、こういったトラブルに巻き込まれたくない場合は、メーカー純正を選択するのが無難なようですね。


ここまで書いてから、メーカーからリンクしている先に、「キヤノンインクジェットプリンタ 2012年 国内互換インクカートリッジユーザビリティ試験」の結果として、以下の記述があるのを見つけました。

========================================
ユーザビリティ試験の結果、互換インクカートジッリにおいて、24%~49%程度の割合で、インク出口から大量のインクが漏れ出し、手や机を激しく汚してしまう状況が発生することが確認されました。
========================================

自分のプリンタで発生したトラブルは、このパターンの影響ですね…。


どうやら、純正インクを選択する事がプリンタを永く使用するための秘訣なようです。


ご参考まで。

テーマ : デジタル家電・AV機器
ジャンル : 趣味・実用

SH-09D 用の推奨モバイルバッテリーについて

先日のブログで紹介したモバイルバッテリーですが、実使用上で問題がありましたのでご報告します。

紹介したのは以下の品で、自分もこれを購入しました。




スタイリッシュだしスマフォの電池容量を上回っているので、実用的だと思っていました。

メーカーホームページの対応表にもきちんと掲載されています。


注意点としては

「付属のXperia用ケーブルをご使用ください」

…なぜ、Xperia 用のケーブルを使わないとならないのだろう??

そう疑問に思いながらも購入したのですが、実際の所は…


スマフォを充電できないという致命的な問題にぶち当たりました( ´・ω・`)


ここでひかっかったのが、対応表の記述。

このバッテリーには USB ケーブルが 2本同梱されているのですが、灰色が Xperia 用で、もう一本の黒色は汎用。


Xperia 用で充電できないので、汎用ケーブルを物は試しで使用してみると…充電が開始された!


が…

数分で充電が中断。

モバイルバッテリーはかなりの発熱。

あちーというレベルじゃないです。

発熱スマフォとして有名な、某 Arrows なんたら以上の熱さ。


micro USB ケーブルを抜き差ししてみても同様に数分で充電が中断。

…この状況からするに、モバイルバッテリー本体かケーブルに問題があるか、SH-09D とそもそも相性が悪いのか、だな。


というわけで、購入した店舗に相談すると、SH スマフォはモバイルバッテリーとの相性が非常に悪い、という知られざる話を耳にする。

対応してくれた店員さんも SH スマフォだったので試してもらったのですが、充電は汎用ケーブルの方でしかできない。

モバイルバッテリーに付属していたのとは別の micro USB ケーブルを試しに使って様子を見たところ、問題なくスマフォの充電が継続される様子。


…この状況から推測するに、モバイルバッテリーの付属ケーブルが SH-09D と合わない様子。

そこで、店頭にあった別製品のモバイルバッテリーを SH-09D に接続試行させてもらい、10分ほど様子を見たところ問題なく充電が継続されたので、そちらの品と差額交換させてもらいました。


家に帰ってから、購入したモバイルバッテリーを利用してスマフォを充電してみましたが、30分以上充電が継続されているので全く問題ないようです。


…と、人柱となった結果、SH-09D で推奨するモバイルバッテリーは以下に変更させてもらいますm(_ _)m




SH-09D のバッテリーは 1900mAh なので、3000mAh のモバイルバッテリーだと充電 1.5 回分になる計算です。

スマフォにモバイルバッテリーを重ね持ちしても手にしっくりとしますし、最初からこっちにしておけば良かったです。。。


皆さんの参考になれば幸いです!

テーマ : NTT DoCoMo
ジャンル : 携帯電話・PHS

おすすめ
訪問者数
プロフィール

しんく

Author:しんく
しんくの日常の雑記帳です。何気ない事から、技術的な事まで幅広く書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
10827位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3725位
アクセスランキングを見る>>
SEO ランキング
日常
グルメ
DIY
DTM